岡本歯科は、子供から老人まであなたのご家族の歯を守ります。|大阪府堺市堺区 堺東駅前 歯医者

小児歯科
  • 小児歯科とは

    小児歯科とは、成長発育期にある子供の虫歯の予防や、治療を行うことを言います。
    むし歯や外傷の治療だけでなく、歯磨き指導・食事指導やフッ素塗布も行っています。
    永久歯にも影響することもありますので、乳歯の時からのケアがとても大切です。

    乳歯が虫歯になりやすい理由

    ・乳歯は永久歯と比べると、エナメル質・象牙質が半分程度の厚さしかないため
    ・子供の好む食べ物には粘着性があるため、虫歯菌が酸をさかんにつくりだしてしまうため
    ・乳歯は歯と歯の間に隙間があり、食べたものがはさまりやすいため
    ・乳歯の奥歯は溝が細かく、汚れが溜まりやすい形をしているため

    虫歯の予防

    当院では、虫歯の予防の為に下記処置を行っております。

    ・フッ素の塗布
    フッ素には歯垢(プラーク)の細菌の活動を抑えること、溶けたエナメル質の修復、
    歯質を強化するなど、むし歯の発生を防ぐ効果があります。
    ・シーラント処置
    シーラントとは、奥歯の溝を薄いプラスチックで塞ぐ虫歯予防法です。
    乳歯の奥歯は溝が細かく、汚れがたまりやすいため、ふさぐことで虫歯を防ぎます。
    小児歯科では、お子様に痛い思いをさせないことを第一に考え治療しています。
    安心して、治療ができるように心がけております。
  • 犬伏矯正歯科クリニック