岡本歯科は、子供から老人まであなたのご家族の歯を守ります。|大阪府堺市堺区 堺東駅前 歯医者

入れ歯
  • 入れ歯の種類

    入れ歯の種類は大きく分けて2つ。歯が全てなければ「総入れ歯」、歯が1本でも残っていれば
    「部分入れ歯」になります。
    保険内で作れる入れ歯から、自己負担が必要になる入れ歯と様々な選択肢をご用意しております。
    是非ご相談ください。

    総入れ歯
    総入れ歯
    歯が1本も残っていない場合には、総入れ歯による治療になります。
    健康保険適応の総入れ歯はプラスチックのものしかありませんが、
    保険外の総入れ歯には様々なタイプのものがあります。
    部分入れ歯
    部分入れ歯
    歯を失った部分にのみ使用する入れ歯です。
    歯が1本でも残っていれば、部分入れ歯を作成致します。
    健康な歯を利用して入れ歯を固定します。

    入れ歯の材質

    ノンスクラプ・デンチャー

    ノンクラスプデンチャーは金具を使わないため、 見た目がとても美しく、
    入れ歯を装着しているかどうかわからない程です。
    審美的に非常に有効な素材となっております。
    また非常に軽くて、柔らかく、装着間も普通の入れ歯と比較して違和感が少ないです。
    落としても入れ歯が割れることもなく、 壊れにくいのが特徴ですが自費診療(保険適用外)に
    なります。

    金属床義歯

    金属床義歯とは、主要部分を金属でつくった入れ歯です。
    レジン(プラスティック)で作成した入れ歯に比べて、丈夫な素材である金属を使うため快適で、
    丈夫な入れ歯をつくることが可能になります。
    違和感が少なく、薄く作成できるので、しゃべりやすかったり、熱の伝わりもよいので、
    おいしく食事を楽しむことができます。
    自費診療(保険適用外)になります。

    レジン床義歯

    レジン床義歯とは、プラスチック製の入れ歯で、健康保険が適用されるものになります。
    食べ物の熱さや冷たさに対する熱伝導が悪く、強度を保つために厚く、
    大きめに作らなければならないので違和感があったり、しゃべりにくいという難点があります。

  • 犬伏矯正歯科クリニック